摂取量
更年期になると起きる症状を軽くしたいと考えたら、女性ホルモンを調整したり、自律神経を整えたりする働きのある成分が配合された更年期サプリを飲む事が有効です。
この時、少しでも多くのサプリメントを飲む方が、よりしっかりと症状を緩和してくれると考える人は少なくありませんが、飲む時には摂取量を守るという事が重要になってきます。
ですが、書かれている摂取量以上のサプリメントを飲むと、女性ホルモンのバランスを崩したり、自律神経を乱したりする可能性があります。
ですから、書かれている量を守って飲むという事が重要になってきます。
サプリメントは一度に多く飲むよりも、継続して飲み続けていく事を考えておく方が、高い効果を期待できます。

更年期サプリの定番は?

更年期サプリにはたくさんの種類があり、なかには定番の人気のものもあります。成分のそれぞれ若干の違いがあって、人気のものではマカの成分が使用されたフルミーというサプリはマカのベンジルグルコシレートの成分が男性だけでなく、女性にも有効としてアミノ酸やビタミンの配合も合わさって健康的に働きかけます。更年期に代表的な大豆イソフラボンが主成分となったキッコーマンから販売されるサプリはポリフェノールや葉酸などが豊富に入って、大豆成分を熟知しているキッコーマンならではのサプリもおすすめです。また高麗ニンジンが主となったサプリはサポニンが多く入って、血流を良くして改善を図れるようにした通販で購入できるサプリも定番です。

更年期サプリの価格帯は、それぞれの商品の取り扱いメーカーの基準に大きく影響を受けることがあるため、早期に購入先を選ぶことが重要なテーマとして位置付けられています。
特に、リーズナブルな値段が設定されている更年期サプリに関しては、一般の女性であっても、気軽に購入出来ることがメリットとして挙げられます。
一方で、様々な美容成分が含まれている更年期サプリの使い勝手の良さについて、女性向けの美容雑誌などで度々特集が組まれることがあり、身だしなみにこだわるうえで、便利なツールを利用することがおすすめです。
もしも、こうした商品の価格に注目をしたい時には、実績のある販売店のスタッフに相談をすることが望ましいといえます。

更年期サプリにはサポニンがおすすめ

サポニンは植物の根や葉、茎などに豊富に含まれている成分で、コレステロールを除去したり血流を改善したりする効果があります。数多くの種類があり、大豆や高麗人参に含まれるサポニンは特に高い健康効果が期待されています。この成分を利用した更年期サプリが現在様々なところで注目を浴びています。コレステロールは過剰に生成されてしまうと、ホルモンのバランスが乱れやすくなります。また、脳の中枢神経を活性化させる副腎皮質ホルモンの分泌を促してくれるのがサポニンで、バランスを整え副交感神経も働きやすくなります。最近妙にいらいらする、体がだるいと感じるかたは、その緩和に役立つ更年期サプリを飲んでみることをおすすめします。

更年期サプリと漢方はどちらを選ぶべき?

漢方薬と更年期サプリ、両者とも年齢を重ねた女性を支える大事なアイテムです。
それぞれに良さがありますので、これからアンチエイジング対策を始めたい方は、自分の体調に合う方を選択しましょう。

まず漢方薬ですが、薬と語尾のつく通り、医薬品の一種です。
アンチエイジング効果が非常に高く現れる反面、苦味が強かったり、飲みづらい点が目立ちます。
また副作用が一定程度、現れます。また他に医薬品を飲んでいる方だと併用が禁止される恐れもあります。
反対に更年期サプリの方は医薬品ではありません。
サプリの正式名称は健康補助食品であり、薬ではないため併用禁忌薬もなく、他の持病を治している方でも併用可能です。
また主成分も各種の天然由来の食物などですので、安全性にも優れており、優しい効き目を期待するなら更年期サプリを選択した方が良いでしょう。

更年期障害のツライ症状の対策おすすめは?

更年期障害は、閉経前後5年と言われています。症状として、体のほてりや集中力の低下、イライラなどの、気分の落ち込みなどがあります。しかし、若年性更年期障害と言われるようになり、これは、更年期障害の症状が似てるため、そう呼ばれるようになりました。このつらい症状は、言葉に表せることのできないほどの感覚で、とても悩まされる女性が多いです。対策として、クリニックへ行き漢方を処方してもらうのが良いですが、お金をかけずにできる対策を考えるならば、部屋でアロマを炊いてみることです。気分がリラックスし、乱れた自律神経が整い軽くなります。

暑くて気持ち悪い症状は更年期?

40代後半から生理不順となることが多く、卵巣機能が低下し更年期にさしかかります。
この時期になるとエストロゲンも減少してくることから、急に暑い、何だか気持ち悪いという症状が現れることがあります。主に顔がほてっている感じがするホットフラッシュが起こりやすく、いきなり暑い、汗が大量に出る、と思ったら急に寒くなるということが繰り返し起こります。時や場所を選ばず起こるので、寝ている最中であっても暑くて起きてしまうことがあります。
更年期障害は自律神経が乱れていることで起こります。まずは食生活を見直して3食バランスよく食べることが大切です。ホルモンの減少に体が慣れてくるとホットフラッシュも落ち着いてきます。

更年期の暑い症状に漢方での治療は?

更年期障害で多いのは、急に顔が暑い、汗がでるといった症状です。これらの症状はホットフラッシュと呼ばれますが、個人差があるので、漢方薬を飲むことにより、軽減することができます。
比較的体力がある場合は、桂枝茯苓丸が適しています。桂枝茯苓丸は婦人科の病に処方されることの多い漢方薬です。体力が中程度の場合は、女神散、痩せていて虚弱体質の場合は、加味逍遥散が効果があります。どの薬も1か月ほどは継続して飲むことが必要となります。
更年期障害で使用する場合は、自分の体力がどのくらいなのか把握することが大切であるので、専門医に相談すると良いでしょう。

女性の更年期の原因について

女性の更年期障害の原因となるのが、ホルモンの分泌量の減少です。
閉経が近づくにつれて、卵巣機能が衰え、そしてホルモンの分泌量も減っていく事になります。
するとホルモンバランスが乱れ、体や精神に様々な不調をきたしやすい状態となrます。
この時期に重要になってくるのが、栄養バランスのとれた食事や、しっかりとした睡眠時間の確保等、規則正しい日常生活を心がけるという事です。
更年期障害の症状が出てきたら、不安を感じてしまうという人は少なくありませんが、慌てずに、落ち着いて出来る事をしていくという事が重要になってきます。

イライラいや落ち込み、その症状更年期かも?

40代後半になると、いつもは何でもないことにイライラしたり急に落ち込んだりすることがあります。イライラや落ち込みといった精神的な症状が出る場合、更年期障害が起きている可能性があります。
更年期は卵巣の機能が衰え始めて、エストロゲンが減少する時期を指します。ホルモンのバランスが悪くなるため身体的には月経の周期が乱れたり、量が著しく少なくなったりします。のぼせやほてりが起こることも多く、自律神経失調症の一つとされています。
また、40代は家族構成に変化がある時期で、リズムが狂うことによりストレスが溜まりがちになります。不安や不眠、物忘れも起こるのでこのようなことも起こったら更年期障害と考えます。

更年期のイライラの対処法は?

更年期障害が起きている場合、のぼせやほてりの他、イライラ、不安、集中できないといった精神的症状が現れることがあります。このような症状の対処法としては、卵巣機能が低下していることが原因であり、女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、自律神経が乱れているのでホルモン補充療法を行ったり、漢方薬を服用したりして症状を軽くしていきます。
あまりにも不安感が強い場合は、抗不安薬が使われることがありますが、日常生活においても更年期障害を軽減することができます。精神面での症状が出ている場合は、ストレスが原因となっていることもあるので、ゆっくりと湯船につかる、自分だけの時間を持つ、リラックスするということを行います。

《参考にした更年期サプリのサイト》